女性 家 住宅

独身女性がマンション買うのは不安。40代が適齢期?購入者大半がアラフォー?

更新日:

スポンサーリンク

 

近年では低金利で買えるという背景もあり住宅購入する独身女性が増えてきています。
2030年には2人に1人が「おひとりさま」という未来予測もでているので、あなたの周りにもマンションや一戸建て購入を考えている人がいるのではないでしょうか。

40代の女性が老後を迎えるころには年金はもうもらえるほど財源がないのではという不安や、老後も収入が安定しているとは限らないということで、早めに家という資産を所有してローンを完済し、投資目的や安心して暮らすために住宅購入に踏み切る女性も多いようです。

独身女性がマンションを買うなら40歳がリミット?

独身女性がマンションを買う理由としては投資目的もありますが、一番大きな目的としては老後に備えて自分自身の安心できる家を持ちたいという理由があるようです。

20代の頃だとなかなかマンション購入のための頭金を用意することができませんが40歳までなら自分の大切な城を建てるために節約する時間も増えるので頭金を十分用意することができます。

それに40歳を過ぎてから家を購入しようとなると、お金以外の問題もつきまとってきます。

若い頃に比べて体力も衰え病気の心配も出てくるので、きちんとマンションのローン払えるぐらいの収入があるかどうかが不安な要素になってきます。

なので元気に働ける40歳までが独身女性にとってはマンション購入のボーダーラインと言えますね。

中には二十歳中盤で資産目的と安心できる暮らしを求めてマンション購入している女性もいます。

この場合は住む以外にも投資目的として資産価値が落ちにくい地域の物件を選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク


 

世の中の女性は何歳ぐらいでマンションを購入している?

女性 マンション 部屋

住宅情報SUUMOによるとマンションを購入する女性の平均年齢は43.5歳ということです。

平均年齢はアラフォーながら、購入者の中には20代から30代の女性の割合も40%と結構高めです。

最も多い年齢層としては40歳から44歳が約25%占めています。

 

どのくらいの年収でマンションを買っているの?

マンションを購入した女性の年収別に見てみると、一番多い年収帯としては400万円から500万円未満の人たちが17%となっています。

それに続いて500万円から600万円未満の方が16%となっています。

なので全体の割合としては400万円から600万円未満の年収の女性が約30%の割合になっていますね。

逆に1000万円以上の年収の方は一割にも満たないです。

 

独身向けのマンションっていくらなの?

独身女性が購入する新築マンションの広さとしては平均50から55平方メートルの物件が多いようです。

そして平均金額はこれは住む場所にもよりますが、東京都23区で5744万円、東京都市部で4337万円、関西の平均では3841万円と言うデータになっています。

 

マンションを買う女性のローンの借り入れ総額は?

マンションの平均購入金額は3934万円で購入者の多くの人が自己資金で頭金を1000万円以上用意する人が多いようです。

そして、ローンの借り入れ総額として最も多い金額帯は3000万円台ということです。

あくまで統計ですが、自分が欲しい物件価格の約1/3ほどの自己資金を用意していることがわかります。

薄い物件の約半分まで自己資金を用意することができれば毎月の返済額はいっそう楽になりますね。

中には30歳・年収500万円で約3700万円のマンションを購入し、頭金を約2000万円用意。

借り換えと繰り上げ返済をうまく利用することで返済期間は短くなりますが金利を低くすることで無駄な支払いを抑えて短い期間でローンを完済している女性もいます。

なので、ローンを35年で返済すると言う固定概念にとらわれず借り換えや繰り上げ返済をうまく利用してトータルで返済額を少しでも減らすようにしたほうが賢い選択と言えますね。

そして毎月のローン返済額の理想の金額は毎月の収入の約1/4ほどぐらいまでに抑えるほうが他の生活費を圧迫しないで済むようです。

もし毎月のローン返済額が多くなるようであれば、普段の生活の中で節約できるものはないかチェックして洗い出しておく必要がありますね。

 

中古マンション・住宅を選ぶ女性も多い!

女性 家 住宅

独身女性でマンションを購入するといえば新築をイメージしてしまいがちですが、実際には中古住宅や中古マンションを購入する人が多いそうです。

その割合は約6割以上にもなり、手頃な値段で自分の安心できる家を購入しているようです。

例えば中古住宅だとリノベーションすることで自分の好きなように家を作り直すことができます。

ありのままの間取りを使うのではなく自分らしいライフスタイル・趣味に合わせた間取り変更やデザイン変更をできるのが魅力です。

新築では予算的に厳しくても、中古住宅や中古マンションになると購入金額がお得になるので買いやすくなります。

例えば、年収200万円台だと平均購入金額が1572万円、300万円台だと2350万円という平均購入金額のデータがあります。

 

まとめ

独身女性がマンション購入を決定する背景には

「家賃を払い続けるのがもったいない!」

「資産家投資目的としてマンションや家を所有したい!」

と言う理由があります。

一般的に男性に比べれば女性の投資志向は低いですが、おひとりさまの将来に向けての不安を少しでも軽減するためにマンションを購入することで資産としての満足感、自分の城としての安心感を手に入れることができます。

マンション購入をきっかけに生きるモチベーションが一気に上がったという女性もいるので賃貸だけにとらわれず、先を見越してマンション購入も考えてみてはいかがでしょう。

参照元
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/ms_shinchiku/ms_data/ms_single_woman/
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/ms_shinchiku/ms_data/ms_single_woman_case3/
https://magazine.aruhi-corp.co.jp/0000-1132/

老後資金ゼロでお金に縁が無いのはこんな人!計画的に貯蓄する方法は?

関連するページ

スポンサーリンク

-独身
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2018 All Rights Reserved.