介護,要介護,デイケア,デイサービス,高齢者

老後に要介護認定で月に必要なお金は?知っておくべき介護費用節約術!

更新日:

スポンサーリンク

 

老後にかかるお金のことが気になり始めたら、
将来に備えていくら準備しておけばいいかを
試算してみることが一番大事です。

例えば、要介護状態になったときには
いくらお金が必要なのかを考えたことはありますか?

ここでは、介護にかかる費用について解説していきますね。

【ケース 要介護 2】1ヶ月の自己負担額はいくら?

【要介護2】とは、自分では立ち上がったり
歩いたりするのが困難な状態で、
排せつや入浴にも介護が必要な状態をいいます。

介護保険の自己負担割合は原則1割負担ですが、
平成27年8月以降は前年度の所得が
1人当たり160万円以上(単身で年金収入のみなら280万円以上)の人は
2割負担となりました。

平成29年8月からは年金収入などが
340万円以上ある人は3割負担になっています。

⇒参考/介護保険制度の見直しについて(厚生労働省)

 

スポンサーリンク


 

【要介護2】で訪問介護を受ける場合は、

入浴介助付きで
6.5時間の通所介護が週2回

1時間未満の身体介護が週3回

車いすのレンタルと
ショートステイ6日間

という内訳で、

1割の自己負担額は
1万8,360円です。

なお、ショートステイには別途食事代や
おやつ代、居室料、日用品代などがかかります。

食事代とおやつ代を合わせて1日あたり800円、
居室料と日用品代を合わせて1日あたり3,000円として計算すると、
ショートステイ(6日間)あたり
食事代とおやつ代合計4,800円と
居室料と日用品代が合計1万8,000円になります。

合計4万1160円になります。

夫婦2人とも要介護になった場合には
かなり大きな出費になると考えられますから、
老後に備えて生活費以外にお金を用意して
おかなければならないことは間違いありません。

 

介護費用を抑える方法はある?

介護費用を抑える方法として、
受ける介護サービスの内容を見直して
【かかる費用を減らす方法】と、
親世帯と子世帯など同居している家族を
【世帯分離する方法】があります。

介護を実際に受けている人でも
意外と気付いていないケースが多いのが、
受ける介護の内容を自分たちで選べるということです。

【かかる費用を減らす方法】の場合は
家族が代わりに手助けできるような
内容が含まれているのであれば、
サービス内容から減らしてもらい、
自己負担額を減らすことも可能です。

【世帯分離する方法】の場合は
介護のために親世帯と同居している子世帯や、
介護の必要な親を子世帯が引き取って
同居している場合などに有効な方法です。

介護を受けている親世帯と同居している子世帯を
それぞれ独立した家計を営む世帯として分けることで、
介護サービスの自己負担額を減らします。

世帯分離したことによって親世帯の年間収入が減れば、
高額介護サービス費制度の自己負担額の上限が下がるため、
払い戻しが多くなり介護費用の節約になります。

 

おすすめの自治体無料・低価格サービス

介護,要介護,デイケア,デイサービス,高齢者,老後,生活

自治体が無料もしくは低価格で行っているサービスには、
次のようなものがあります。

【給食サービス】

ほとんどの自治体が行っているサービスのひとつで、
ひとり暮らしの高齢者や高齢の障害者を対象に、
食事を作るのが困難な場合に食事を宅配しています。

【有償家事援助】

高齢者を対象に低額の料金で家事を
代行してくれるサービスです。

食事の用意や洗濯、掃除、買い物などのほか、
外出時の介護なども含みます。

【送迎・移送サービス】

身体が不自由な高齢者を対象に、
自宅と医療機関または自宅と高齢者福祉施設までの
間を送迎してくれるサービスで、
多くの自治体が行っています。

寝たままや車いすに乗ったままの
送迎が可能な自治体もあります。

【紙おむつ給付もしくは紙おむつ代の助成】

紙おむつを必要とする寝たきりの高齢者を対象に、
紙おむつの支給や購入費用の助成を行うサービスです。
ほとんどの自治体が行っています。

【訪問理美容】

外出が困難な高齢者を対象とするサービスで、
自宅まで理美容師を派遣してカットを行います。

自治体によってサービス内容や無料と有料の違いもありますが、
介護保険にこのようなサービスはほとんどの自治体が用意しています。

住んでいる自治体に問い合わせれば、
どのようなサービスがあるかを教えてもらえるので、
今すぐ確認してみましょう!

公的介護保険外サービス(厚生労働省)

お金に困る人,生活,必要,お金,老後,資金
老後のお金に困る人と困らない人の差は何歳で決まる?50代が境目?
老後,生命保険,高齢者,保険,保障,老夫婦
老後が不安なあなた!50代からの生命保険の見直し方を知ってる?
老後貧乏,高齢者,夫婦,お金,生活費,困る,下流老人
あなたは老後貧乏?下流老人になりやすいタイプ別貧乏体質チェック!

関連するページ

スポンサーリンク

-介護

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2018 All Rights Reserved.