資産管理・保険・投資・お金に困らないマネーテクニックでゆとりあるセカンドライフを送ろう!

老後の生活資金を貯めるお金術

お金に困る人 生活 必要 お金 老後 資金

老後のお金に困る人と困らない人の差は何歳で決まる?50代が境目?

投稿日:

スポンサーリンク

 

例外なく、誰にでも【老後】は訪れます。
では、老後を快適に過ごすためには何が大切なのでしょうか???
"お金に困る人"  "お金に困らない人"の差は何でしょうか??

健康であることが大前提となりますが、それと同じくらい大切なのが生活資金の確保です。
そして、老後に向けた生活資金確保のための準備は、50代の過ごし方次第でその結果に大きく差が出る場合があります。

老後のお金の準備について、後悔しないよう心得ておくべき基本的な知識を紹介します。

 

老後の資金で困るのはどんな人?

老後の資金で困る人は、以下の3点について無頓着な人です。
これに無頓着な人は、適切な資金準備ができません。

遅くとも50代前半までには実効性の高い準備が始められるように計画しましょう。

1点目は、何といっても自分自身の「お金の収支」に無頓着な人です。

なぜならば、これが把握できていなければ、現在のお金の流れや貯蓄などを含めたトータル資産を把握できていないため、老後に向けた資金の準備計画を立てられるはずがないからです。

老後資金の準備を始めるにあたり、早すぎることはありません。
まずは適切な準備が始められるように「現在の収支」をなるべく早く確認しましょう。

2点目は、自分が受け取ることができる年金について無頓着な人です。
自分自身の年金受給の種類や開始時期、受給額について知らないということは、老後において必要となる生活費の過不足額を把握できていないことになります。

当然、生活費が不足すれば貯金を切り崩す生活が待っています。

3点目は、どこでどのように暮らしたいのかをイメージできていない人です。

リタイア後の生活イメージがある程度固まっていないと、老後の資金準備をするうえでの試算額、検討額が定まらないため、実効性の高い計画の立案が大変に難しくなります。
より現実的な準備を始めるためには、少なくともどこを拠点とし、どのような生活を送りたいのかを考えておくことが大切です。

 

スポンサーリンク


 

老後の生活費で困らない人は?

老後の生活費で困らない人とは、ばりばり働けるうちに備えを完了させることができる人です。
要するに、50代までがその明暗を分ける時期といえます。

では、50代で準備を完了させるためには、どうすれば良いのでしょうか。
当然のことながら、まずは動ける時期にきちんと働くことで貯蓄と公的な年金受給額を最大にすることができます。

50代からは、こうして蓄えた貯金の一部を10年以上先を見越した「インフレに強い」資産運用にまわすことで、60代以降における資産管理の総合的なリスクを低減することができます。(※1)

例えば、株式投資信託などを上手に活用することで、それが可能になります。
知識が少なくて不安を感じる人は、これを機に勉強してみてはいかがでしょうか。

そして、意外と盲点なのがわが子に対する適切なお金の知識、金銭感覚を身に付けるための教育です。
せっかく貯めた老後のための資金を、子供がなかなか自立しないためその生活費の一部を親が支援せざるを得ない状況に陥るのは珍しいことではありません。

そればかりか、わが子が関与する金銭トラブル等への対応で、その蓄えの大部分を失ってしまうケースもあります。
逆に、きちんとした教育ができていれば必要に応じ老後の生活費を援助してくれる可能性が高まります。

 

老後の資産形成で重要な5つのキーポイント

あなたも生活に必要なお金に困らないために、これからご紹介するたった5つのポイントをおさえておきましょうね!

1 定年後も働く

60歳の定年後も働くことが可能で、それを望むのであれば拒む理由はありません。
そうすることで年金受給が開始される65歳までの収入の空白期をつなぐことができます。

ただし、一般的に給料だけでなくその他も処遇(人間関係)も現役時代と同じではありません。
老後のライフスタイルとのバランスが必要です。

2 お金を貯める習慣

お金を貯めるための鉄則は、まずは支出を減らすことです。
毎月の収入を増やすのは、そう簡単ではありません。

しかし、今現在の支出を減らすのは努力次第です。
お金を貯める習慣を身に付けるためには、無駄な費用をなくす取り組みを恒常的に行うことが大切です。

3 余計な保険に入らない

40代、50代は責任世代です。
したがって、自分に万が一のことがあった場合でも家族が路頭に迷うことなく生活が続けられるように手を打っておくことが重要です。

しかし、責任世代を過ぎれば、徐々に生命保険、医療保険等を含め時期に応じた額について見直しましょう。

50代からの生命保険の見直し方はこちら!

4 借金をしない

基本的に、住宅ローンの完済をもって借金返済は終了させましょう。
それ以降も返済が続くような借金が組まれているのであるなら、50代で多少の無理をしてでも完済を目指すことが大切です。

なぜならば、年金はそのほとんどが生活費に充てられることになるからです。
年金を返済に充てる計画を立てると、貯蓄を取り崩しての返済になる可能性が高いです。

5 投資をする

投資することも有効な手段です。
重要なのは、必ず「余裕資金」で運用することです。

その余裕の程度に応じてリスク幅も異なります。
ただし、一点集中型の投資は危険です。

基本的には、投資の分散(株式・貯金の外貨建て・投資信託・債権など)を図ることで中長期的な資産のリスクを低減することが可能です。(※2)

 

老後生活でお金に困らない人 お金に困る人 まとめ

最後に改めてポイントをおさらいしましょう!

【お金に困る人の特徴】

  1. 自分自身の「お金の収支」に無頓着な人
  2. 自分が受け取ることができる年金について無頓着な人
  3. どこでどのように暮らしたいのかをイメージできていない人

【老後の資金形成 重要ポイント】

  1. 定年後も働く!
  2. お金を貯める習慣!
  3. 余計な保険に入らない!
  4. 借金をしない!
  5. 投資をする!

あなたのお金の管理の仕方次第で、本当に老後生活が大きく変化します。
老後資金に対する意識を高めて、お金についての知識を知っている人と知らない人とでは大きく明暗を分けることになるのでよ〜く注意しておきましょうね!!

関連するページ

スポンサーリンク

-家計
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2017 All Rights Reserved.