老後資金の貯め方,老人,老婆,笑顔,資金,お金,貯蓄,貯金

老後資金の貯め方の極意は?転ばぬ先の50代からのお金の不安解決方法!

更新日:

スポンサーリンク

 

50代になると、そろそろ"老後資金の貯め方"真剣に考え始める必要があります。
老後に困らない貯蓄を残すためには、「家計の見直し」が欠かせません。

また、住宅ローンが残っている人は低金利を享受するために、借り換えや金利交渉も考える必要もあるでしょう。
そこで、今回は50代以降の家計の見直しや住宅ローン見直すことによって老後資金を貯める方法についてお伝えしますね!!

1ヶ月の支出を把握する!

50代は収入も増えますが、住宅ローンの返済も続き、子どもが大学生となって支出が増える可能性がある世代です。
また、老後についても気になりだす時期でしょう。

そのため、家計管理を見直して老後資金計画を立て始める必要があります。
家計管理はまず1ヶ月の生活費支出を把握することから始めます。

家計簿をつけて把握する方法も有効ですが、手間がかかるので続かないという人も多いでしょう。
そういった人は、「1,000円以上などの一定金額以上の支出に絞って把握すること」で、楽に支出を把握できるようになります。

また、公共料金や外出時の支払いについて、クレジットカード支払いにすることで管理しやすくするという方法もあります。
さらに、総額の把握だけでなく食費、光熱水道料、通信費、そしてローンの返済や衣服費、趣味の費用など、費目別に集計することも大切です。

項目別の支出を把握することで、改善するポイントが見えてくるはずです。
前月の預金残高と手取り収入から当月末の預金残高を引くことで、支出合計を理論的に求めることができます。

その金額と把握した支出合計とを比較して、意識していない無駄な支出を見つけることもできます。

 

スポンサーリンク


 

家計の見直し方は?

貯金,貯蓄,お金を貯める,貯金箱

家計の見直しは、年齢によって適切なやり方が変わってきます。
まず、50歳でやるべきことです。

50代前半はローン返済や教育費などで支出が多い最後の時期ですが、後半になると年収も高くなり教育費の負担などが減少するため家計に余裕がでてきます。

そのため、定年退職するまでの間は老後資金を貯める最後のチャンスといえます。
把握した1ヶ月の支出を研究して無駄な支出を減らし、できるだけ貯蓄をする努力が必要です。

ただし、節約一辺倒では疲れてしまいますので、優先順位を決めて夫婦で楽しむ趣味などにお金を使うことも大切です。
そういったお金の使い方は老後の生活を豊かにするために役立つでしょう。

続いて、60歳になったらやるべき家計見直しのポイントです。
一般的には定年後、収入がなくなったり再雇用で年収が大幅に減少したりする年齢です。

ある程度貯金を取り崩すことになる可能性はありますが、65歳から受給を始める年金収入で暮らせる目途をつけるように家計管理を行うことがポイントです。

また、健康維持に努め、できるだけ長く働いて収入を増やす努力も必要でしょう。
最後に、「65歳でやるべき家計の見直し」です。
支出を年金収入以内に抑え、できる限り貯金の取り崩しを避けることが基本になってきます。

また、将来介護状態になった場合に施設に入れる資金を確保したり相続対策を行ったりするのも、65歳になったら考えたほうがいいでしょうね!!

 

住宅ローンは借り換えがお得?金利交渉がお得?

50代であれば、住宅ローンの残高がまだ残っているというケースも多いでしょう。
老後の資金計画を考える場合、住宅ローンをどのように取り扱うかについてもしっかり検討する必要があります。

会社員の場合は、理想的には定年までに返し終わるのが良いといされていますが、全部繰上返済ができるほど資金的に余裕がある人は少ないかもしれません。

そこで検討したいのが、住宅ローンの借り換えと金利交渉です。
金融緩和政策による低金利のメリットをしっかり享受するためにも、借り換えか金利交渉を検討してみましょう。

「借り換え」とは別の銀行のローンに乗り換えることです。
残っているローンを低金利ローンに借り換えることで金利負担が減少します。
金利交渉とは、銀行を変えずに残っているローンの金利を下げてもらうように交渉することをいいます。

借り換えの場合は取引銀行が変わってしまいます。
それをデメリットと感じる人は、他銀行で借り換えの提案を受けた金利を、ローン残高が残っている銀行に提示して金利を下げる交渉としてみると良いでしょう。

ただ「金利を下げてくれ」と言っても応じてもらえないことがほとんどですが、借り換え検討先の金利を提示することで交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。

 

老後資金の貯め方 おさらい

1ヶ月の生活費を把握する!!

  • 公共料金や外出時の支払いについて、クレジットカード支払いにすることで管理しやすくする!
  • 総額の把握だけでなく食費、光熱水道料、通信費、そしてローンの返済や衣服費、趣味の費用など、費目別に集計することが大切!

家計を見直す!

  • 50歳でやるべきことは1ヶ月の支出を研究して無駄な支出を減らし、できるだけ貯蓄をする!
  • 60歳では、65歳から受給を始める年金収入で暮らせる目途をつけるように家計管理を行うこと!
  • 65歳から支出を年金収入以内に抑え、できる限り貯金の取り崩しを避けることが基本!

住宅ローンが残る場合は借り換えや金利交渉をする!

  • 残っているローンを別の銀行の低金利ローンに借り換えることで金利負担を減らす!
  • 他銀行で借り換えの提案を受けた金利を、ローン残高が残っている銀行に提示して金利を下げる交渉としてみる!
お金,日本円,退職金,年金
老後資金計画!退職金は一時金と年金で受け取るのはどっちが損なの?
お金に困る人,生活,必要,お金,老後,資金
老後のお金に困る人と困らない人の差は何歳で決まる?50代が境目?
高齢者,夫婦,50代,貯金,貯蓄,お金の使い方
老後資金を貯めれるか心配!貯蓄できる正しいお金の使い方とは?

関連するページ

スポンサーリンク

-資金
-, , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2018 All Rights Reserved.