お葬式,葬儀

親が亡くなったらどうしたら良い?知っておきたい手続きのアレコレ!

更新日:

スポンサーリンク

 

親が亡くなった時にやるべきことを知らないという人はけっこう多いんじゃないかと思います。
急なことで混乱して、きっちりと対処できないことあるのではないでしょうか。

事前に準備して親の最後をきちんと見送ってあげれるようにしましょう!

親が亡くなったらやる手続き!

危篤になったら近親者に連絡する!

まずは危篤になったら、近親者に連絡をしましょう!

一時、危篤になっても意識が回復する可能性はありますが、確率的には低いです。
実際にボクの祖父の場合、もともと入院していて体調が悪いということで大型の病院に転院した後に、危篤になり無くなってしまいました。

思っているよりも危篤になってから日数はあまり経つことなく亡くなってしまいました。
やはり心残りなのは最後に立ち会えなかったということですね。

しっかりと見送るためにも、近親者には早く連絡できるよう連絡網をチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク


 

亡くなった後

1.葬儀屋に連絡する!

まずは葬儀屋に連絡をしましょう!
葬儀屋によっては病院と提携してる場合や病院経由の葬儀屋がありますが、費用が割高になるケースがあるので注意しておきましょう。

手間がかかってもあなたの希望の予算・規模でやってくれる葬儀屋さんを前もってチェックしておきましょう!

葬儀屋に連絡したら、葬儀の連絡を行います。
この時、中心になるのが喪主なので、もしあなたが喪主になる立場であるなら、あなたが日程を決めましょう!

2.遺体の安置

葬儀屋と日程を決めた後は、遺体の安置場所を決めましょう。

もし葬儀までの時間があり、家に遺体を安置する場合は葬儀屋が段取りをしてくれるので、よく話を聞いておきましょう。

3.死亡届と死体埋仮想申請をする

死亡後、病院から「死亡診断書」をもらったら葬儀屋に提出して、役所への書類提出を代行してくれます。

「死亡届」「死体埋火葬申請」は亡くなった後にすぐ行わないといけない手続きなので、必ず忘れないにしましょう!

4.埋葬プランを決める

葬儀屋と打ち合わせをし、通夜・告別式などの葬式一式のプランを決めます。

だいたい埋葬プランの平均価格は100万円〜120万円になりますが、予算に無理のないようにできるプランを選びましょう!!

5.葬儀の告知

葬儀の日程やプランが決まったら、葬儀の告知を知っておきましょう。

親族や親の知人・友人に知らせる必要がありますが、連絡先がスマホに入っていてパスワードがわからず連絡ができないというケースもあるので、連絡簿をつくっておくこともいいですね。

6.お墓の確認と寺院への連絡

墓地・霊園を事前に決めている場合は管理する会社に連絡する。
そして戒名や読経はお墓のある寺院の僧侶にお願いするのが一般的です。

お布施や戒名代についても、このときに訪ねてみましょう。

8.お布施と戒名代の用意

一番困るのがこのお布施と戒名代ですよね。
あって無いような金額だけど、必要なお金になります。

相場は宗派によって違います。
わからない場合は親戚や地域の人に聞くのも方法です。

  • 信士・信女/30万円〜
  • 居士・大姉/50万円〜
  • 院信士・院信女/100万円〜
  • 院居士・院大姉/100万円〜

大まかな相場ですがこのぐらい必要になると知っておきましょう!

9.通夜と告別式

葬儀は葬儀屋の段取りどおりに進行していきましょう!

あまり大きな葬式にしたくない場合は、規模の小さな葬式を代行してくれるサービスもありますよ。
この場合相場の100万円をきる価格で一般的な葬式ができるのでチェックしておきましょう!

さらに火葬だけを行うプランなどもあるので、調べておく必要があります。

注意したいのは、自宅で葬儀を行う場合です。
田舎の風習も有りおこなったという経緯もありますが、予想以上に気苦労や部屋のセッティングなどで本当に疲れます。
ボクの親が一度だけ自宅で葬儀を行いましたが後から「葬儀会場でやればよかった。」と後悔していました。

規模が小さくてリーズナブルなプランも存在するので、自宅で葬儀を行うのだけは避けたほうがいいです。

葬儀費用と寺院費用・飲食費用の総額の平均は約200万円ほどです。
最近は、規模が小さくなりつつあり葬儀費用も年々少なくなっている傾向にあります。

こちらも無理のないプランを葬儀屋と相談して来ましょう。

葬儀後にやること

四十九日法要

初七日は葬式当日にやる場合が増えてきました。

そして亡くなった日から7週目に行うのが「四十九日法要」です。

この四十九日ではお世話になった人や葬儀で多額の香典を頂いた人へお礼の品を送ります。
お坊さんや近親者を呼び会食を開きます。

この時にお坊さんへのお布施も必要になります。
お布施の相場は3〜5万円ですが、地域によって金額はまちまちの場合もあります。

ちなみにボクの実家の地域では5〜10万円という感じでした。
少し相場より高めですね。

1周忌

1周忌〜3周忌は親戚や血縁関係の人を読んで会食を行います。

この時にもお坊さんを呼び読経・焼香などの儀式を会食前にすることになります。
そしてこの1周忌でもお布施が必要になります。

お葬式 手続き まとめ

親が急に亡くなった場合に、悲しみのなかアレもこれもスムーズにできるわけではありません。
だからこそ、もしもの時を想定して前もって準備しておくことが重要になります。

いざというアタフタしないように葬儀屋・お墓・墓地をチェックしておきましょう!!

参照元
http://www.moj.go.jp/ONLINE/FAMILYREGISTER/5-4.html

高齢者,老人,車椅子,介護
認知症になると遺産相続が困難に?親が健康な時に遺言書を作る理由!
男性,悩む,口座凍結,家計,経済的負担
親が認知症発症で口座凍結!親の生活費もあなたの負担に!解決方法は?

スポンサーリンク

-葬式
-ライフイベント, 老後, 遺言

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2018 All Rights Reserved.