高齢者,老人,車椅子,介護

認知症になると遺産相続が困難に?親が健康な時に遺言書を作る理由!

更新日:

スポンサーリンク

 

日本の高齢者の寿命は延び続けるとともに、問題になっていることがあります!
それは「認知症」を発症する高齢者も少しずつ増加しているということです。

そして、認知症になってしまうと相続に関する手続きを行うことがかなり難しくなる場合があります。
そうなる前に事前にご両親が健康なときに「遺言書」をつくることがいかにメリットがあるのかをご紹介します。

親が認知症になると相続がかなり厳しい状況になる!

いざ高齢の親が認知症になってしまうと、遺産相続のために必要な遺言書を正確に作ることはほとんど困難になります。

遺産相続をするには
「法定相続分に従う」
「相続人同士の話し合いで決定する」
の2パターンがあります。

法定相続の場合は、配偶者に遺産の半分、子どもが2人であれば25%ずつ分配するという仕組みです。

ただ法定相続に従わなくても相続する人たちが全員合意すれば相続はできてしまいます。

その時に壁となるのが遺言を作る本人(親)が認知症になってしまうと直筆で書いたり銀行の署名や印鑑証明の提出が難しくなるんです。

そうなってしまう前に相続をスムーズできるよう遺言書を備えておくのがベストというわけです!

 

スポンサーリンク


 

認知症の高齢者は上昇傾向にある!

「うちの親はまだまだ健康だし、判断もしっかりしてるから大丈夫だよ!」
っと思うあなた!

現在、日本人の寿命は延びていき、それに比例して高齢者の数も増えています。
そして2010年には65歳以上の高齢者のうち9.5%が認知症患者という比率が、2025年には12.8%にもなっていると予測されています。

少しずつですが、認知症を発症する高齢者が増えているんです。
認知症の原因は病気だけでなく、ケガが原因で起こる場合もあるので、今は健康だから大丈夫と思っていても油断はできないというのが現状です。

なので「ウチの親も認知症になってしまう可能性がある」と考えておく必要があります。

それに認知症になった後から遺言書をつくる場合、「成年後見制度」を利用する必要があり、相当な出費をしいることになります。

認知症になるとこんなに判断能力が低下する!

認知症になってしまうと症状の程度により、生活で様々な支障をきたすようになります。
そして時間が経つにつれて症状は進行していきます。

症状の程度 支障をきたすケース
認知症との境界状態  初めていく場所の旅行が困難になる。
軽度のアルツハイマー  家計の管理や買物に支障をきたす。
中度のアルツハイマー  着替えや入浴に介助が必要になる。尿や便失禁のケースがある。
中高度のアルツハイマー  生活全般で介助が必要になる。
重度のアルツハイマー  話す機能が低下、歩くや座るなどの動作の喪失、表情の変化が無くなる。昏睡状態

遺言書を作るのは難しくない!

遺言書,遺言,書く

現在の日本では認知症は他人事ではなってしまう状況にあります。
そんな事態を想定して「遺言書」を備えておくと後々苦労しなくてすみます。

では遺言書はどうやって書くの?ってことですが、そんなに難しくはないです。

遺言書の中身の構成

  • 表題
  • 前文
  • 建物と土地の相続人の指定
  • 預貯金などの相続人の指定
  • 他の資産の相続人の指定
  • 相続人に伝えたいこと
  • 遺言執行者の指定(相続に関する実行責任者の決定)
  • 遺言書の作成日、署名、捺印

遺言書の作り方

  自筆証遺言書 公正書遺言書
書く人
書き方
本人の直筆のみで書く 公証人の前で遺言内容を話し
公証人が内容を筆記する
書き場所 場所はどこでもOK  場所は公証役場で書く
必要なもの 印鑑が必要 実印と印鑑証明書が必要
保管場所 本人が保管する 原本を公証役場、正本は遺言者本人が保管する
費用 費用は不要 財産により費用は違う(平均5〜10万円程度)
変更の場合 変更はいつでもできる  変更はいつでもできる
遺言者が
死亡した場合
遺言者が死亡した場合
家庭裁判所で検認の手続きが必要
手続きは
特に無し

公正書遺言書のメリット

  • 認知症になった場合でも効力がある。
  • すぐに遺言の内容を実行できる。
  • 遺言者が死亡した場合の家庭裁判所での検認の手続きが無い。
  • 偽装や紛失の心配が無い。

公正書遺言書に関してはこちら
日本公証人連合会

遺言書 まとめ

できればご両親に健康に過ごして欲しいというのが本心ですが、認知症になると本当に大変です。
ボクの祖母(父方の母)も認知症になり、最後の方は孫であるボクの名前も覚えてないほどでした。

認知症になれば生活に支障をきたし、判断もろくにできなくなります。

元気でいてもらいたいですが、もしものときの遺産相続をスムーズにするためにも「遺言書」を作っておくことは良い方法と言えますね。

参照元
http://www.koshonin.gr.jp/business/b01
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a1
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16/dl/1-01.pdf
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000065682.pdf
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/html/gaiyou/s1_2_3.html
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/gaiyou/s1_2_3.html
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/gaiyou/pdf/1s2s_3.pdf

介護,要介護,デイケア,デイサービス,高齢者
老後に要介護認定で月に必要なお金は?知っておくべき介護費用節約術!
老後貧乏,高齢者,夫婦,お金,生活費,困る,下流老人
あなたは老後貧乏?下流老人になりやすいタイプ別貧乏体質チェック!

関連するページ

スポンサーリンク

-相続
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2018 All Rights Reserved.