お金,日本円,退職金,年金

老後資金計画!退職金は一時金と年金で受け取るのはどっちが損なの?

更新日:

スポンサーリンク

 

老後生活を考えるうえで重要になってくるのが"退職金"です。
まとまった金額ゆえに、それをライフプランに織り込んで考えている人も多いかもしれません。

ただし、退職金が入るということは知っていても、その受け取り方によって思わぬデメリットを被る可能性があるということは知っておいたほうがいいでしょう。

ここでは、退職金の受け取り方とそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

退職金を全額年金にすると税金面で損する?

退職金の受け取り方というと、一般的には
「一括受取り」
「年金形式の受取り」
「併用型」と3パターンあります。

老後生活においてはこれまでの貯金と国から支給される年金、そして退職金以外の収入はあまり見込めないことが多いため、老後資金を考えるうえで退職金の重要性は高いと言えるでしょう。

3パターンのうち、額面の収入が一番多いのは年金形式の受取り方です。

まとまった金額を運用に回し、その収益部分を上乗せして毎年受給するため、受け取る総額が大きくなります。
そう聞くと魅力的な受け取り方に感じますが注意点があります。

それは、受け取る年金に対して税金と社会保険料の負担が課されるということです。
一括で受け取る場合には退職金全体に一度税金が課されますが、社会保険料は課されません。

しかし、年金形式の場合は毎年の年金に対して税金と社会保険料が課されます。

それによって何が起こるのかというと、額面では年金形式のほうが大きい金額のはずなのに、手元に残る金額は一括で受け取ったほうが大きいということです。

したがって、見かけの受け取り金額が大きいからといって全額年金で受け取ることを選択するのは注意を要するのです。

 

スポンサーリンク


 

退職金 年金で受け取る際のメリット・デメリット

先に少し述べましたが、年金形式の受け取り方の一番のメリットは年金の額面が一番大きくなる可能性があるということです。

まとまったお金をプロが運用しその収益を還元してくれるので、まとまったお金を自分で運用するのは難しい、あるいは運用に自信がない、という人にとっては魅力的な選択肢と言えます。

また、毎年決まった額を受け取る形式にしておけば、無駄遣いによって大切な老後資金を使い果たしてしまったという事態に陥ることを防ぐことができます。

ニュースなどでたまに耳にするような投資話の詐欺に引っかかってしまうというのは、まとまった資金を有している場合に起こりうるケースです。

そのため、手元にまとまったお金を持たないでおくことでそうしたトラブルに巻き込まれるのを防ぐことができると言えます。

一方デメリットとしては、毎年の収入に対して税金と社会保険料が課されるので、受け取る金額が減少してしまうということです。

社会保険料は前年度の収入に対して課されるため、毎年の年金が収入とみなされ、毎年継続的に社会保険料を負担する必要があるのです。

そのため、年金で受け取ることを選択すると額面の退職金額は大きいはずなのに手取りの退職金額は大きくないということになる場合があるので注意が必要になります。

 

退職金 一時金で受け取る際のメリット・デメリット

「退職金」一時金で受け取るメリットとしては、税金と社会保険料の負担が少なくなることが挙げられます。
税金に関しては退職所得として一般的な所得税よりも優遇されて課税されるため、税負担は少ないことが多いです。

また、社会保険料の計算には退職金が含まれないため、社会保険料の負担は無くなります。

そのため、手取りの退職金が大きくなる可能性があります。

また、住宅ローンを抱えている場合にはまとまったお金が入ってくると一括返済も可能になるので、より老後生活のプランが立てやすくなるでしょう。

一括で受け取るデメリットとしては、一括で受け取った後は自己責任となるため、その後のお金を少しでも増やしたいと考える場合には自分で運用していく必要があります。

そのため、資産運用に疎かったりする場合は少し苦労する可能性があります。

また、今まで入ってきたことがないようなまとまったお金が急に手元に入ると、つい油断して無駄遣いしてしまうという話には枚挙がありません。

そのため、そうした無駄遣いを避けるための金融リテラシーも身につけておかないと、気づいたら退職金が枯渇していたという可能性があるということも忘れてはいけないでしょう。

夫婦,笑顔,老後,生活,ライフスタイル
夫婦で老後の生活資金はいくらお金が必要?定年後で一番のリスクは何?
お金に困る人,生活,必要,お金,老後,資金
老後のお金に困る人と困らない人の差は何歳で決まる?50代が境目?

スポンサーリンク

-年金
-, , , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 老後の生活資金を貯めるお金術 , 2018 All Rights Reserved.